ENTRIES
LINKS
FAVORITES
SEARCH

Since Dec. 01 2006

UL5カウンター

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.02.08 Monday  | - | 

自己紹介(プロファイル)


自 己 紹 介

管理人   : 鈴木和紀 ( 通称 ノリ )

生年月日 : 非公開 ( 古希も過ぎた老いぼれジジイ )

現住所   : 48/1 Moo7, T. Maekham, A. Maechan, C. Chiangrai 57240

自宅電話 : +66 - 53 - 665 - 171 (大抵・不通、携帯電話は嫌いで不所持)
     必要なときには、かみさんの携帯を使うが、電話番号は記憶にない。

メール   : kznori suzuki @ gmail.com (空白は埋めて、手入力で)

来歴等   : 生まれは、北支のフホホト(呼和浩特)市
     当時は、「厚和」といった。名前はここから1字拝借している。
     テレビ・ドラマ「大地の子」で主人公が、下放されていった町だが、
     幼いころの記憶の面影は全くなかったものの、
     生まれ故郷を見ることができて感無量であった。
     父親・吉男は静岡県人、母親・タケは栃木県人(宇都宮市雀宮)
     幼年期から、高校(掛西)卒業までは、遠州育ち
     森の石松の「森町」も高校の学区内(?)
     大学は、T 大 文学部 類卒( 卒業証書をもらっただけ )。
     仲倉重郎・眉子夫妻は、クラスメイト。担任は、森本和夫。
     (仲倉氏からは、何で自分たちの名前だけ挙げたとクレイムを受けた)

     大学卒業後は、20年ほどSE生活。

     三鷹・名古屋・鎌倉・広島・千葉(八千代台、行徳、浦安)など転々。
     三鷹の社員寮で、私物一切を紛失したことは、今でも尾を引いている。
     幼少時代からの写真・アルバム、学業成績、日記など全て失った。

     以後、「デラシネ」の生活に、どっぷりつかることになる。

     初めてのタイ訪問は、1984年ころ。
     86年に、北タイ・チェンライに脱走移住。「狂気の沙汰」 と非難される。
     心のやすらぎ、人間性の回復(?)は、金には代えられないと自己満足。
     わずかばかりの年金暮らしで、日本人としては、極貧である。
     「ただもらえる金、贅沢言うな!」(外野の声)

     90年代はじめころから、一時帰国。浦安、群馬(万座)、長野市内在住。
     02年、現住所に定住、現在に至る。

足跡    : 「風来坊」 の血を引いている。
     祖父は、かつて、「茶栽培」 などの師範として一時「種子島」 などに在住。
     父は、やはり、若かりし頃、「満鉄」 の下請けで、北支方面に勤務。
     そこで知り合った上司の妹と結婚。 母である。

     小生も、現在までに、北は、北海道から山口県まで、ほぼ全県に足跡。
     特に、浅草、千葉(八千代台、行徳、浦安)、神奈川(鎌倉)、
     群馬(伊勢崎、沼田)、長野、広島、名古屋とは縁が深かった。
     外国では、タイのほか、ロスアンジェルス、ハワイ、サイパン、
     ホンコン、ネパール、ミャンマーなど、 タイ以外 短期滞在ばかり。

趣味等   : 幼少より、無趣味、かつ「多趣味(?)」
     しいていえば、毎日の生活のすべたが、「趣味」 かもしれない。

     麻雀は、素人の域を超えていたこともあるが、タイではやらない。
     パチンコのパチプロだったこともあるが、タイでは出来ない。
     ゴルフは、弟のお下がりの道具を2セットもらったが、やる気はない。
     野球は、社会人チームでピッチャーまでやらされたことがあるが、素人。
     水泳は、得意ではないが、潜水で25mの記録はある。
     中学時代は、やさ男の癖に、「砲丸投げ」 で、陸上競技での初の表彰を。
     校内大会では、中学時代は、9人制のバレーボールの選手(?)。
     マラソンなどは、心臓に欠陥があって、大の苦手だった。

     オーディオ、カメラに凝ったこともあるが、卒業(?)。
     音楽は、「音痴」 で「不器用」。
     聴くだけだが、パソコン内に、5,000曲。
     「オペラ」 には、感動したが、柄でもないし、そのチャンスはない。

嗜好等   : 酒は体質的に全くダメ。生まれ変わるしかない。
     飲めないかみさんでよかった。飲まないのが、かみさんの結婚条件でも。
     「タイ料理」は、口にあわない。
     北タイの「縄文食」 の方がまだましである。
     料理は得意ではないが、旅館の板長の手下を1年ほど勤めていた
     こともあって、気が向けば自分で料理するが、普段は「男子厨房に入る
     べからず」をモットーにしている。
     「コーヒー通」 ではないが、自家製の豆で、毎朝1杯。 美味くない。

     禁煙はしないことにしていた。 かみさんは禁煙出来ない。
     そのつもりだったが、犬・猫の餌代捻出のために、2007年ついに禁煙。

タイ語   : 辞書引きながら読めるが、会話はいつも 通訳つき。
     そのくせ、自分で「通訳」 をつとめるのは、大嫌い。
     日本の役所に提出するタイ語の書類を全て自分で訳したが、
     「翻訳手数料」が払えなかっただけのこと。
     学校嫌いと努力不足。 40過ぎの手習い (すべて自習) は過酷だった。
     もっとも、「頭が悪かった」 だけのことかもしれない。

日常生活 : 人間、犬、猫、鶏、魚、果樹、野菜、草花の世話。
     タイでは、「チャオナー・チャオスワン (百姓)」 という。
     どうでもいいことばかりだが、その気になると結構大変ではある。
     「見返り」 がないときには、かなり落ち込む。
     特に、「情のうつった」 犬・猫が死ぬと、数日はいけない。
     「石松」ゆずりの「任侠(?)」 の血が流れているのかもしれない。
     情にもろい。
     「情に棹させば、流される」というが、流されてばかり。

「生活心情とスタンス」 :
     若かりし頃、「新左翼」 の一員だったこともあるが、「右翼」でも
     「左翼」でもない、「悩める人」 が好みで、「軽薄な凡人」 と自省。

     「氏(うじ)より育ち」。
     目線は、一貫(?)して出身階層である弱者や貧乏人の側。
     「偽善者」 呼ばわりされたこともあるが、おおむね当たりである。

     「えらい人」 は苦手である。「家系」 や 「先祖様」 の傘の下にいる人も。
     田舎の小学校以来の同級生に、県知事を勤めていたものもいたり、
     大学時代の知り合いには、「偉く」 なった人が数々いるが、親族の期待を
     裏切って、貧乏している。

     だが、佐川満男の歌のように「 いまは幸せかい〜 ♪ 」と訊かれれば、
     「まあまあですね」 と答えることは出来るかもしれない。
                  (2012/02/12 ちょっとだけ改訂)
2006.12.05 Tuesday 16:02 | comments(10) | 
 | 1 / 1 PAGES |